過敏性腸症候群【辻医院】北九州市門司区 過敏性腸症候群の治療について

北九州市門司区 辻医院 お問合せ 093-381-4619
北九州市門司区 辻医院ブログ ありがとう通信
北九州市門司区 辻医院 診療時間
 
/ /
※火曜午後は訪問診療
詳細はこちら
北九州市門司区 辻医院 案内地図
北九州市門司区 辻医院 ネット予約
病気について
過敏性腸症候群
過敏性腸症候群は、腹痛とそれに関連する便通異常(下痢や便秘)が慢性あるいは再発性に持続する状態と定義され、その症状にはストレス、腸内細菌、腸管粘膜の炎症、神経伝達物質(脳と腸に共通)、遺伝などが関与することが明らかになっています。
 
発熱、関節痛、血便、体重減少、腹部の腫瘤、50歳以上の方、大腸がんの家族歴、血液検査の異常(貧血、炎症反応陽性、低蛋白)、便潜血陽性のいずれかがあれば大腸内視鏡検査により、器質的疾患(がんや炎症)の鑑別を行います。
 
症状に応じた食事内容の説明、プロバイオティクスの摂取、消化管運動機能調節薬、下剤、抗不安薬などを使用することで、症状の改善を目指します。
Copyright (c) 2008 TSUJI Clinic All Rights Reserved
〒800-0017 福岡県北九州市門司区永黒2丁目9-18 TEL 093(381)4619 辻医院
| HOME | 医院案内 | 診療案内 | 院長紹介 | リンク | 内視鏡検査 | 内視鏡Q&A | 予防接種・健診 | 特定健診 | インフルエンザ |
| 大腸ポリープ | 生活習慣病 | 慢性便秘症 | 潰瘍性大腸炎 | 過敏性腸症候群 | ヘリコバクターピロリ | 睡眠時無呼吸症候群 |