潰瘍性大腸炎とは【辻医院】北九州市門司区 潰瘍性大腸炎の治療

北九州市門司区 辻医院 お問合せ 093-381-4619
北九州市門司区 辻医院ブログ ありがとう通信
北九州市門司区 辻医院 診療時間
 
/ /
※火曜午後は訪問診療
詳細はこちら
北九州市門司区 辻医院 案内地図
北九州市門司区 辻医院 ネット予約
病気について
潰瘍性大腸炎について
潰瘍性大腸炎は炎症が直腸側から連続性にひろがり、しばしばびらんや潰瘍を形成する原因不明の大腸炎です。経過中に再燃と寛解を繰り返すことが多く、炎症が広範囲かつ長期間続く場合には癌化の傾向があります。
 
遺伝的な素因に食餌や感染などの環境因子が関与して、腸管免疫や腸管内細菌叢の異常をきたして発症すると考えられていますが、原因は解明されていません。若年で発症し、腹痛、下痢、血便などの症状を呈し、再燃と寛解を繰り返しながら慢性に持続するため、日常のQOLは低下することが多く、また、関節、皮膚、眼など全身に腸管外合併症をきたすこともあります。
 
持続性、反復性の血性下痢があり、腹痛や頻回の便意を伴う場合は、潰瘍性大腸炎が疑われます。
血液検査、便の細菌学的検査、大腸内視鏡検査を行い、確定診断、病期、病変範囲や重症度の評価を行います。
 
病変範囲や重症度に応じ、内服、座薬、注腸、注射による薬剤投与を行い、改善度に合わせ、適宜追加、減量、変更を行っていきます。 
(炎症性腸疾患診療ガイドライン2016より引用)
このページTOPへ
Copyright (c) 2008 TSUJI Clinic All Rights Reserved
〒800-0017 福岡県北九州市門司区永黒2丁目9-18 TEL 093(381)4619 辻医院
| HOME | 医院案内 | 診療案内 | 院長紹介 | リンク | 内視鏡検査 | 内視鏡Q&A | 予防接種・健診 | 特定健診 | インフルエンザ |
| 大腸ポリープ | 生活習慣病 | 慢性便秘症 | 潰瘍性大腸炎 | 過敏性腸症候群 | ヘリコバクターピロリ | 睡眠時無呼吸症候群 |